ホーム > 英語教科書 > <2020年度新刊>英語で考え、英語で発信する 2

2020年新刊

<2020年度新刊>英語で考え、英語で発信する 2

Two Sides to Every Discussion 2

著者 Jonathan Lynch / 委文 光太郎
ジャンル 総合教材 / ディベート・ディスカッション
版・頁 B5 / 100ページ
本体 1,900円(税込2,090円)
ISBN 9784791972104
レベル ★ ★ ☆ ☆(準中級)
スキル
吹き込み Amer E
教員用
付属物
アイコン解説
備考



見本請求 採用のご連絡 3月上旬発売
※ 見本請求はクラス単位で採用をご検討されている先生方にお送りしております。一般・学生の方にはお送りできませんのでご了承ください。

自分の意見が英語で言えるようになる!初級用ディスカッション教材。

好評テキスト『英語で考え、英語で発信する』の第2弾。自分の立場を明確にし、英語で意見が言えるようになることを目指した総合教材。「シェアハウスvs一人暮らし」や「コンビニ24時間営業の是非」など身近な話題で議論が弾むテーマを厳選。賛成、反対の立場で書かれた300語程度の英文を読み、内容理解の問題から、ライティング・リスニング・スピーキングの問題を収録。教授用資料には、小テストを各課に完備。

目次

Shared Housing vs. Living Alone
Studying in a Café vs. Home
Gakuran vs. Blazer
Coming-of-Age Ceremonies
24/7 Convenience Stores
Japanese Era Names
Point Cards
Disaster Volunteers
Domestic Trip vs. Abroad
Studying English Abroad
More Foreign Visitors
New Year's Eve Fireworks
April Fools’Day in Japan
Summer-Vacation Assignments
Halloween Is Best!
Valentine's Day in Japan
Smartphone Lock Screens
YouTube vs. Normal TV
Internet vs. Bricks-and-Mortar
Translation Software
(全20章)